アローゼン 妊娠中 妊婦

妊娠すると便秘になる原因って?

 

妊娠してから便秘になったという妊婦さん多いですよね。

 

それは体質的な問題ではなく、妊娠したことによって起こることで、妊娠中に約半数が便秘を経験しており、スッキリしないのは当然なのです。

 

便秘になる主な原因は、女性ホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が活発になるためです。
妊娠していない時と比べると約20倍です。

 

このホルモンは、体内に水分を貯めこむ働きがあり、腸内の必要な水分までも奪ってしまいます。
その結果、便が硬くなって排泄が困難に。

 

さらに、腸の蠕動(ぜんどう)運動を抑制する働きもあり、腸の運動が低下すると、排泄物がスムーズに排泄されなくなります。

 

このように、ホルモン分泌の変化によって便秘が起こります。

 

その他には、妊娠によって子宮が大きくなり、大腸が圧迫されることや、運動不足、腹筋力の低下があげられます。

 

 

妊娠中は、簡単に薬を飲めませんので、まずは自然に便秘を解消することからはじめてみましょう。

 

解消するには、食生活が基本です。
野菜や海藻類など食物繊維が多く含まれた食材や乳製品などを取り入れる、水分を多めに摂るなどです。

 

最近では、妊娠中でも飲むことができる食物繊維や乳酸菌のサプリメントも販売されています。
これも1つの方法です。