アローゼン 副作用

アローゼンの副作用は?

アローゼンは、薬の中でも副作用が少なく比較的安全なので、よく処方される下剤です。

 

 

ただ、大腸刺激性下剤なので、妊娠中の女性に対しては、早産、流産の危険性があり通常は使用されません。どうしてもという場合に、少量処方されることがあります。

 

 

アローゼンの副作用

 

腹痛
嘔気、嘔吐
発疹

 

などがあります。

 

下剤を含む薬剤は、妊婦さんに対して試験が実施されていないのでお母さんや赤ちゃんへの影響はわかりません。なので、たいていの医薬品の添付文には“妊娠中、妊娠の可能性がある方は医師に相談”又は“投与は慎重に”となっています。

 

 

 

さすがに妊娠中ということで、長期飲み続けるといったことはないと思いますが、参考までに。

 

大腸刺激性下剤を長期常用した場合

 

効果が薄れる
低カリウム血症(動悸、脱力感、筋力低下)
腸の運動機能低下
大腸メラノーシス
※腸粘膜が黒く色素沈着した状態
下剤性結腸症候群
※腸に内容物がないのに便意を常に感じてしまう

 

などが起こる可能性があり、長期の使用は注意が必要です。
ドラッグストアで販売されているほとんどの便秘薬もこの種類の下剤です。

 

大腸刺激性下剤は、副作用が少なく、即効性がと効果が期待できる非常に優れた薬ですが、その反面、長期間使用していると腸に耐性がつき効果がなくなっていきます。そのため、増量していくと下剤を手放せなくなり(習慣性 依存性)自然排便ができなくなります。

 

便秘でどうしても苦痛な時や、一定期間に服用するなら問題ありません。

 

 

妊娠中は、なおさら自然なお通じがいちばんです。薬は、どうしてもという場合に内服し、日頃から便通を整えておきましょう。