アローゼン 成分

アローゼンの成分とは?

アローゼンの主成分は「センナ」という植物です。

 

多くの漢方薬にも使われている生薬なので、身体にやさしい成分と思われがちですが、実は刺激性の強い瀉下剤(しゃげざい)です。

 

 

出すという瀉下作用だけなので、持続性はなく根本から便秘を解決することはできません。

 

それに、強力なので下痢になることがあります。

 

※瀉下剤とは下剤のことです。

 

センナが入った下剤は「大腸刺激性下剤」に分類され、強力な瀉下作用があり即効性があるので、消化器官の検査や手術前に腸の内容物を排出するためにも使用されています。

 

センナが含まれている下剤は、妊娠中や授乳中には通常禁忌です。

 

それは、流産や早産の危険性があるためです。
薬局で販売されているセンナ入りの便秘薬には、注意書きに“使用する時は必ず医師に相談すること”と記載されています。

コーラック、スルーラック、センナ茶などです。

例えばセンナ茶。お通じにいいお茶と、妊娠中でも飲んでいたという方もいるようですが違います。健康茶によく配合されている「キャンドルブッシュ」もセンナと同種類です。

 

 

医師は、便秘が妊婦さんに与える悪影響を考えてアローゼンなどの下剤を処方しているんですね。
注)医師によります。

 

また、センナには長期間常用すると効能が薄れる欠点があります。そのため、効かないからといって量を増やし薬に対して依存性になる可能性があります。

 

一定期間や苦痛時に飲むようにして、便秘改善の努力をしましょう。