アローゼン 妊娠中

妊娠中にアローゼンは大丈夫?

アローゼンは、強い効果のある大腸刺激性下剤で、腸を無理に動かして排泄させる作用があります。

たいてい腹痛や下痢を伴います。

 

妊娠中に病院から処方される場合があります。
医師は、妊婦さんの便秘が身体や赤ちゃんに及ぼす影響を考慮して処方しますが、

通常は妊娠中の投与は禁忌(きんき)です。それは、腸だけではなく、子宮にまでも刺激を与え収縮を引き起こし、流産や早産の危険性があるからです。
また、薬局で販売されている便秘薬も、ほとんどが大腸刺激性下剤なので、添付文に医師相談すること。となっています。

 

それは、妊娠中の女性に対して医薬品の治験は行うことができないので、お母さんが口にしたものは血液を介して赤ちゃんにも運ばれるので100パーセント安全なものかどうかという確証がないからです。

 

なので、妊娠中は必要時以外は薬を飲まないことです。

 

 

アローゼンは、便秘を一時的に解消してくれる下剤です。

腸内の環境を整えるとか、善玉菌を増やすといった働きはないので便秘を根本から改善したことにはなりません。また、下痢で身体に必要不可欠な善玉菌などを一緒に外に排泄してしまいます。

 

便秘の人は、腸の中で悪玉菌が優勢になっています。悪玉菌は、有毒物質を作り出し、免疫力の低下、アレルギー体質の悪化、体調不良、冷え性など身体にさまざまな悪影響を及ぼします。

 

こんな腸内環境は、もちろんお腹の赤ちゃんの環境にもよくありません。生まれてくる赤ちゃんのアレルギーの原因になるとも言われています。下剤だけではなく、腸内環境を整え日ごろからお通じのリズムをつけるようにしましょう。