アローゼン 妊娠中 大腸刺激性下剤

大腸刺激性下剤のアローゼン

アローゼンは、大腸刺激性下剤でアントラキノン系の下剤です。

これは、腸に刺激を与え排泄を促す強い瀉下作用があります。

 

医薬品では、アローゼン、プルゼニド
市販薬では、スルーラック、コーラック、センナ茶、タケダ漢方便秘薬などがあります。

 

薬局で販売されている便秘薬は、このタイプがほとんどで、妊娠中や授乳中の女性は禁忌、又は注意が必要となっており、医師に相談しなければいけません。

 

 

大腸刺激性下剤について

 

【特徴】

 

効果が高い
即効性がある
一時的な便秘解消

 

欠点は、長期間使用すると効果が薄れることです。
また、腹痛や下痢をよく起こします。

 

【成分】

 

センナ、キダチアロエ、ダイオウなど

 

【作用】

 

直接腸に刺激を与え排便を促します。

 

【飲み方】

 

約6〜10時間で効果があらわれるので通常、就寝前に服用します。

 

 

妊娠中の辛い便秘を一時的に解消してくれますが、下剤は“出すだけ”のものなので根本から改善されません。持続性はなく、一時しのぎと言えます。

 

また、薬は妊娠中の女性に対して治験を実施しないので、100パーセント安全かどうかはわかりません。妊娠中は不要な薬は使用しないことです。