アローゼン 妊娠中

アローゼンのメリットとは?

妊娠すると、女性ホルモンの影響や赤ちゃんが大きくなるにつれ子宮が増大し、腸を圧迫するので便秘になりやすくなります。

 

便秘が続くと、食欲低下、お腹の張り、いきむなど、妊婦さんや赤ちゃんの健康にもよくありません。

 

お通じが悪くなると、腸では悪玉菌が優勢になります。腸の中でも、腐敗物や不要物が毒素となって身体に巡り、冷えやむくみなど体の不調につながります。また、腸内環境もさらに劣悪になります。
なので、便秘は我慢する必要はありません。

 

そんな妊娠中の辛い便秘に、アローゼンという下剤が処方されることがあります。

 

この下剤のメリットは、

 

  • 即効性がある
  • 絶大な効果
  • 苦痛が軽減される

 

などで、特徴とも言えますがもちろんデメリットもあります。

 

寝前に飲んで翌朝効果があるので、お腹の張りや苦痛はすぐに解消されます。

 

ただ、効果は飲んだ時だけで、根本から便秘が改善したわけではないのでまた便秘になる可能性大です。
この繰り返しで癖になり、効き目がなくなっていきます。

 

下剤には、腸内環境をよくする成分は入っていません。目的は停滞している排泄物を出すでけです。

 

妊婦さんの場合は特に、腸内環境を整え根本から便秘を治すことが大切です。

妊娠中の薬に関しては、安全性が確立されていませんので、どうしてもという以外に薬を飲むことはおすすめできません。